眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2007/11/28 水曜日

人はそれを機会損失と呼ぶ

Filed under: IT世間話 — dev0000 @ 23:57:07

まぁこれについてはタイトル通りなんですが。

「無くても作れる」意外にこれが最大の敵かも。

設計思想とか開発環境について意見を交換している際、提案したものに対して「無くても作れる」と主張されると、確かにその通りなんですよね。データ中心アプローチも、オブジェクト指向もDIも、「無くても作れる」と主張する人たちが言うところの「今まで通りのやり方」で頑張れば作れない事もないです。

でも、当たり前ですが「今まで通りのやり方」は最良ではないし、むしろ多くの問題や課題でぼろぼろになってしまっているものが多いです。

(more…)

PHP5のstr_split

Filed under: 技術メモ — dev0000 @ 2:48:02

perl – 文字列ばらしはsplit //, $strで

ところでPHP5のstr_split

str_split
(PHP 5)
str_split ― 文字列を配列に変換する

ただ、utf8の文字列とかだとダメっぽい。
(more…)

Yahoo!デベロッパーネットワークのテキスト解析

Filed under: 技術メモ — dev0000 @ 2:22:35

Yahoo!デベロッパーネットワーク – テキスト解析
今更だけどこれいいねぇ。
(more…)

11/27の日経朝刊『システム開発 期間短縮』

Filed under: IT世間話 — dev0000 @ 1:17:43

11/27 の日経朝刊から。

システム開発 期間短縮
富士通 工程ごとに品質管理
NTTデータ 標準手順を共同利用

富士通とNTTデータはシステム開発の生産性を高める手法を相次ぎ導入する。富士通は日本と中国の拠点でソフト開発期間を最大で半減する技術を採用。NTTデータも開発手順の標準化によって2-3割短縮する。

富士通はソフト子会社で開発手順の抜本改革に取り組む。全工程を140に細分化し、各段階で品質や進捗状況を厳格に管理しながら流れ作業でソフトを作る。自動車工場の生産ラインで採用されている手法を応用する。
(やり直しを防ぎ生産性を向上)
海外の開発拠点にも同手法を順次広げる。第一弾として中国の開発拠点に導入し、あわせてSEの人員も現在の200人を2-3年で倍増させ開発能力を高める。自動車業界では車の企画から商品まで一貫して責任を持つ「主査」と呼ばれる統括者を置くが、富士通もこれにならい「主査制度」を導入する。

NTTデータはソフト開発用に数百種類のプログラムの「ひな型」を用意し、各プロジェクトで共同利用できるようにする。プロジェクト管理の手法も全社で統一し、開発期間を2-3割短縮することを目指す。システム障害を検出する技術も全社共通で利用し、生産性と品質を高める。

(more…)

Javaのnative2ascii

Filed under: 技術メモ — dev0000 @ 0:46:58

native2ascii – ネイティブ – ASCII コンバータ

UTF8が今みたいに普及する以前から考えられていた仕様だから仕方ないのかもしれないが、やっぱり今見ると若干の古臭さを感じる仕様ではあるな。
まだ現役なのかな、多分。
正直なところ、この辺の技術にはあまり近づきたいとは思わないなぁ。

Javaなしのnative2asciiがほしい

Powered by WordPress