眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2008/6/13 金曜日

ルーティングテーブルとか

Filed under: 技術メモ — タグ: , , — dev0000 @ 1:56:06

NIS2枚差しとかのサーバを構築するときよく忘れる。
今日のサーバ設定もちょっとだけハマりそうになった。

route~ルーティングテーブルの表示/設定を行う

特に設定をしなくても、中途半端に動いてくれちゃったりするので、肝心なところで動かなかったり。

解は幾つあるかとか

Filed under: IT世間話 — タグ: , — dev0000 @ 1:43:59

犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」

矢野さんは11日夜、「増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」という内容の報道を見て、「インターネットの仕組みを使えば、0億円で数時間でできる」と考え、実際に1人で2時間で作ったという。

おそら大臣の周辺SIerは一つのやりかたでマジメに考え過ぎたが為に、
ウン億という見積りになってしまったのではないか、と。

予算ありき、が役所メソッドなのか?ってのはあるのだけど、
「犯罪防止を促進する為、ネット上の犯罪予告の高速検出を行う」
というもう少し抽象的な問いに接すれば、色んな解が出てくるハズ。

ってまぁあれだよ、王道の答えしか出せないSIerの責任は大きいと思うよ。
システムを作ること自体が目的化してしまってるんじゃないの?と邪推。

大きなSIerって考えが硬直化してしまってところが多いよね。
特にインターネットを技術領域として扱うのであれば、先進性の優劣は企業規模とは全く関係ない、
・・・むしろ大手より中小のほうが進んでいる部分が多いので、
もっと色んなところと付き合うべきだと思うのだけどね、どうなんだろ。

猫の挨拶と存在証明とか

Filed under: つぶやき — タグ: , — dev0000 @ 1:29:21

ご存じの通り(誰が?)、
ウチには一匹茶トラのネコがいて、
「よぉ」といえば「うにゃ」と返事をしてくれるわけなのですが。

以前、なんかの本で読んだけど、
この猫の「うにゃ」にどういう意思があるかと言えば、特に何もなくて、
「よぉ」とか「やぁ」とかその程度のものらしい。

えーと、つまりは、
「オレはお前の存在を把握しているよ」
という「認知」そのものが「うにゃ」の目的だったりする。

この「うにゃ」というのが企業社会においても実は重要で、
「相手の存在を意識している」というのがうまく作り出せる職場であれば、
まぁそこにいる人々も気持ちよく働けるのだろうなぁ、とぼんやり思う。
言葉が何を意味しているのかというのは特に重要ではなくて、
「東京タワー!」とか「南アルプス!」とか「ほげほげー!」とかまぁ何でもいいのだろうな。

ってか、ネットでもつぶやき系のサービスっていうのは割とあるわけだが、
「誰かがあなたの存在や声を認知している」というのがうまく演出できれば、
なかなか楽しいものになるのではないか、とふと思った。

Powered by WordPress