眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2008/7/8 火曜日

スタイルシートでID禁止とか

Filed under: 技術メモ — タグ: — dev0000 @ 2:07:22

SIDE-BのIRCでちょっとだけ出た話なんだけど、
デザイナーがCSSでHTML作る際に id はいらないんじゃないか、とふと思った。
スタイルシートの指定は全部 class で十分じゃないかと。

見た目を整備し、構造を整理するだけであれば、class があれば間に合うはず。

ってかね、
コーディング作業の中で、HTMLの一部をコピペしていたりすると、id が重複してしまうことが割とあるような気がする。

でもまぁこういうことではあるのか。

スタイルシートでidとクラスの定義について

詳細度が高いということは、違う指定をしたときに、id指定の方が優先されるということです。idで紫を指定していれば、後からclassで赤を指定しても紫で表示されます。

見栄えの指定なら、class を貫き通しても。。。
複数のclassを指定するとか。

また、名前ですから、アンカー(リンクなど)にも使えます。ページのそこのidを指定してリンクを貼れるのです(一意だから特定できる)。

アンカーね。
でもJavaScriptとか考えなければ、それぐらいかなぁ。

知恵と勇気と愛情で乗り越えるとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:43:26

難しい顧客要求を低予算、短期間で成し遂げるには、
知恵と勇気(鈍感さ)と愛情が必要だと常々思う。

コストが理不尽になってしまい、受託元でもにっちもさっちもいかなくなるのは、
愛情はあるんだけど勇気が足らない、とか。

知恵がなければ正しいものは作れない。
勇気がなければリスクを抱えきれない。
愛情がなければモチベーションが上がらない。
まぁそんな感じなのかしら。

CakePHPのa()とかaa()とか

Filed under: 技術メモ — タグ: , — dev0000 @ 1:28:14

PHPの配列ブランケット・・・、[]がいつものようにまた却下されたらしいとちらと聞いたのだけど、
CakePHPでも a() とか aa() なんて使っているぐらいだし、採用しようよ!とは思う。

API for CakePHP

a ()
Returns an array of all the given parameters.
Example: a(‘a’, ‘b’)
Would return: array(‘a’, ‘b’)

aa()
Constructs associative array from pairs of arguments.
Example: aa(‘a’,’b’)
Would return: array(‘a’=>’b’)

短名の関数が結構あって、
am() とか e() とか env() とか ife() とか up() とか low() とか pr() とか r() とか。

Powered by WordPress