眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2008/12/31 水曜日

所有とか

Filed under: 社会 — タグ: — dev0000 @ 3:58:40

だらだら。

仕事納めはラジオ

市民的成熟は「商品を私的に占有する」経験をどれほど積み重ねても、身につくものではない。
そうではなくて、「個人が私的に所有することができないし、するべきでもないもの」(それが「社会的共通資本」であり、「パブリックドメイン」であり「入会」である)をどのようにして他者と共有するか、その「やりくり」の技術を錬磨してゆくことを通じて、ひとは「市民」となるのである。

なんというか公的なものが私的になった理由というのは、
慣習だったり組織のリーダーの意見とか不明瞭なことの了解を得るよりも、
金銭という明快な了解を得るほうが楽だよね、
といった、大多数の人間が望む最適化の結果こうなった、
という気もしたりするのですよね。

オープンソースについては譲渡することによるデメリットよりも、それを全員で共有することのメリットのほうが遥かに大きいと判断した結果かな、という気もするし。
ってか、理由は人それぞれなのだろうがね。

「勝間式『利益の方程式』」とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 3:11:29

とりあえず読んだ。
売れている人みたいだね。

利益 = (顧客単価 – 顧客獲得コスト – 原価)x 顧客数

という利益の定義をして、「じゃあどうやったら利益が増えるのか?」ってことをあれこれ書いた本。
経営に関する色んなことを比較的分かりやすく書いてある。
ベーシックとすべき考えについて、よくまとまっているというか。

以下、気になったこと。
「顧客が増えるほど、平均顧客単価は下がる」
「顧客の持つニーズ、特にコンプレックスの大きさにより顧客単価は決まる」
「価格は迷ったら高くつける」
「顧客の獲得より、ロイヤル顧客の維持が重要」
「セグメンテーションの基本は年齢、性別、所得」
「客寄せビジネス、受け皿ビジネス」

あと、過剰に人は採用するな的なことも書いてあったけど、
これは割と普遍的な原理というか、
『ソフトウェア開発者採用ガイド』読了
この本にも「ぎりぎりのぎりぎりまで人を増やすな」みたいに書いてあったから、
一番お金が出て行きやすいところなのだろうね、やっぱり。

淘汰と適応とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 2:45:57

なんで読んだのか、
確か「検証中小企業金融」だったような気もするけど、
不採算企業がどんどん退出していく「淘汰」より、
不採算企業が成績を改善していく「適応」のほうが市場の全体効率がいいんじゃないか、
みたいな話とか。

公官庁入札のウェーバー制とか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 1:51:29

金融危機についての入門的まとめ

日本の長期衰退の原因も需要不足ではない:Hayashi-Prescottが指摘したように、日本の90年代以降の長期低迷の原因は、短期の需要不足ではありえない。ケインズ的な理解でも、投資水準の変わる長期では、需要不足は価格によって調整されるはずだ。10年以上も名目ゼロ成長が続く原因は短期的な景気循環ではなく、生産性(TFP)の低下という長期の要因である。

生産性ねぇ。。。

・大企業より中小のほうが労働生産性が低い
・大企業より中小のほうが労働分配率が高い
・大企業より中小のほうが社員の給与は安い

IT企業について思うのは、
規模が小さければ小さい程、間接費比率が高くなる、
というのはあるとしても、
受託ピラミッドにおいて上流から下流に流れていく間に売り上げがどんどん小さくなれば、
そりゃあ生産性が下がるだろうし。
価格決定力が弱いからね、仕方がない気もする。

中小IT企業の競争力をどうやって上げるのか?って、
一昔前の財閥解体みたいなことをするのはこのM&A盛んなご時勢にはナンセンスな気がする。

単なる思いつきだけど、
公官庁の入札にはウェーバー制みたいなものを導入することできないかね。
売り上げや資本の小さい順から優先的に交渉権を得るといいますか。
一定額以上の資本については、むしろ入札から除外してしまうとか。
SIer大手で、自分達の顧客から公官庁が外れれば、その分のパワーをもっと素敵なことに使うかもしれんし、
中小ITもこれをきっかけに競争力をつけてくれればいいよね、とか。
そもそも資本力があれば「1円入札」も可能で、その後の保守で収支を合わせるといことができちゃうし。

いやまあ中小やベンチャーからのIT調達を積極的に行おうとしている機運もあるらしいのですが。

ってか、公共事業をあてにしても仕方ないかな。
今後予算は削減されていくだろうに。

あと、公官庁のIT案件ってどっかにドキュメントとか開示されてないのかね。
社外秘なのかな。
でも、国の税金で調達しているものだから、まるっきり社外秘っていうのはあり得ないだろうなぁ、とか。

Powered by WordPress