眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/1/30 金曜日

技術書を読むとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 0:41:53

技術書を読むときにやってはいけない、たった1つの事

本当は理解できていないのに、自分をだまして分かったふりをする事。そのまま読み進め最後までたどり着き、自分はこの本を読んだと勘違いしてしまう事。

耳に痛いなぁ。。。
まぁでも「途中で読むのを止める勇気も時には必要」と自分に言い聞かせよう。
読み進めて行くうちに「あれ、これもしかして期待したのと違う知識?」ってのもたまにあるし。

あと結構割りと技術書を買っている気がするのだが、iPodで音楽を持ち運べるみたいに書籍も持ち運べたらいいんだよね。
キンドルとはちょっと違うかも。
紙媒体で購入したものが電子データでも存在するとかそういうイメージ。
Amazon経由で購入した書籍が実際にリアルなモノとして郵送されてくるけど、同時にサイト上で電子データとしていつでも参照できるようになるとか。

2009/1/29 木曜日

船頭が多いとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:46:57

船頭が多くて、
誰もが好き勝手を言える状態でずるずるいくと、
誰も必死にはならないから、
そのまま沈没してしまうというのはよくあるのかな、とか。

優し過ぎる人が集まるとそうなるみたい。
「オレがやってやるよ」
って傲慢かつ威勢がよい人がいればいいんだよね、とは思う。
学級会的な手法はビジネスの現場だとむしろ非効率というのは自明の筈なんだけどね。

2009/1/28 水曜日

観察することとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 0:24:04

ふと思ったこと。

「膨大なデータを分析して見えてくること」ニコニコ動画データ分析研究発表会

「口コミは効果あるよ!」
とかいうのは、多分ネット以前から言われているのだろうけど、
「で、実際どんだけ効果あるの?」
の部分は割とうやむやになっていたのではないだろうか。
そもそも分かりようがなかったというか。

ただ、こういうコミュニティの可視化という技術の敷居が低くなれば、なんとなく見えてくることがありそうだし、広告主に対する成果も提示しやすくなるのかな、という気がしてきた。

マーケティングの手法って、調査の部分は今でもアンケートが中心だったりすると思うのだが、「観察される為の行動をとる」という時点で既に被観察者の行動にバイアスがかかっているわけだ。

で、観察される為の行動ではなく、自発的欲望を目標とした行動の足跡を拾い集めて、そこから意味を汲み取ることが容易になれば、それのほうがより役に立つのだろうな、というのはなんとなく推測できる。

もしかすると、
広告モデルの発展系として、行動分析提供型モデルというのもあってはいいと思う。
既にやっているところはやっている気もする。
行動ターゲティングとかもあるにはあるけどさ。

2009/1/27 火曜日

「ヤバい社会学」とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 23:58:05

一気に読んだ。

社会学の調査の為、シカゴのゲットーに通い詰めた学生の回顧録。
地下経済ものなので、面白いと言えば面白い。
ただ、一気に読めたのは、それほど難しい話ではないからかな、という気もする。
しかし、差し迫った貧困に追いやられると「団結」が重要になるというか、
「団結」しなければ行きて行けないというか。

携帯サイトのフォームとか

Filed under: 技術メモ — タグ: — dev0000 @ 0:15:26

自分用覚え書き。

離脱されない携帯サイトのフォーム作成術

携帯ユーザの目線は基本的に「上から下」であるため、注意書きや入力例は入力欄の上に配置することが重要です。

まず最初のページで簡単な入力作業を行ってもらうことで、開始時の心理的負担を減らし、次のページを長くすることで、その後のページの読み込みを最小限に抑えています。

これはいいな。メモ。

2009/1/25 日曜日

「これでいいのか横浜市」とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 22:36:51

独断と偏見による横浜市民分析。
内容は極めて軽いです。ヒマつぶしにいいかな。

地域批評シリーズというのがあって、既に足立区とか葛飾区が出版されているのですが、それの横浜版。

独断と偏見と書きましたが、考察自体は大体あっている気がする。
「東京型住民」(田園都市線&港北ニュータウン)、「横浜型住民」(相鉄沿線&京急沿線・本牧&山手)で分類するのはまあそうかもしれんね、とか。

ってか、新横浜とか磯子区・金沢区・戸塚区とかはスルー気味。
むしろ青葉区、港北ニュータウンのほうが横浜の中では例外的な気がするのだけどね。
あと、東急は徹底的にやる企業というのがよく分かるかも。

「佐高信の辛口100社事典」とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 19:39:59

読み終わった。
どっかの雑誌のコラムを集めたものなのかね。

「どこそこの企業はこんな事件をやらかした」とか「どこそこの企業はこんな洗脳的な社員教育を行っている」とか、
普通の企業紙には掲載できないようなネタ集。
告発系の企業小説からの引用が多かったのが気になったけど。

事件にしても古い話が多いのだけどね。
「開放型企業」として評価されている企業にしても今は微妙なところがあると思うし。
あと、大企業のお行儀の悪さはブラック企業のお行儀の悪さとは毛色が違うんだな、とか。
個人的には体質そのものを批判する話のほうが面白いのだけど、
個人や事件に焦点を当てた話が多いのがちょっとアレかな、という気がする。
まぁ「こういうこともあったかもしれないんだね」という雑学としてね。

2009/1/24 土曜日

「はじめの一歩を踏み出そう」読了とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 21:02:33

とりあえず読み終わった。

だいぶ読みやすかった。
タイトルが分かりにくくて損をしていると思うのだけど、起業の本。
起業をする際について持つべき「考え方」について説明している。

一人の人間の中には「企業家」「マネージャー」「職人」という3つの人格があり、起業がうまくいかなくなるのは、「職人」の力が強くなり、「自分でやること」にいっぱいいっぱいになってしまうからとか。
とりあえず仕事に追われるとダメらしい。
あと、「人を雇うこと」の難しさとか。
行き当たりばったりでやるな、ちゃんと目標をもてよ、とか。

にしても、アメリカのビジネス本ってどうしてカウンセリング形式のものが多いのかね。
まぁ人を納得させるのにはいいかもしれん。

富士ソフトと任天堂の提携とか

Filed under: IT世間話 — タグ: , — dev0000 @ 16:27:23

東洋経済1/24で知ったのですが、富士ソフトと任天堂が「みんなのシアターWii」で提携しているのね。

富士ソフト,Wiiウェア向けVOD配信サービスソフト発売

ネタ自体は古いけど。
1/27から開始するらしい。

東洋経済の記事から抜粋。

しかし任天堂との取引実績は皆無で、悩んだ担当者は「任天堂のお客様センターに電話した」

売るべきソリューションがあれば、ツテがなくてもなんとかなったということか。
大変だったと思うけど。

2009/1/22 木曜日

「知的生産の技術」読了とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 0:31:35

まぁ昔の本だからね。

パソコンがない時代の情報整理の話といったところか。
なんというか、色々工夫していたんだなぁ、とか。

Older Posts »

Powered by WordPress