眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/2/14 土曜日

テレビはつまらなくなったのかとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 21:10:13

「テレビがつまらなくなったのは、ネットのYoutubeなど様々なメディアが登場したから」…TV番組の現役ディレクターが語る

昔に比較してテレビがつまらなくなったって、全然これっぽっちも思わないし、単に相対的に価値が下がっていったような気がする。

だって昔はTVゲームも携帯電話もシネコンもレンタルビデオもamazonもはてなも2ちゃんねるもmixiもなかったんだよ。
マス型のメディアが価値を落とすのは仕方ないじゃないかね、とか。

ただ、業界によい人材は集まりにくくなっているんじゃないかね、とか。
「世界をあっと言わせてやる」みたいな野心の持ち主って今だとインターネットを選ぶんじゃないかな、という気がする。

お行儀のよいDB設計とか

Filed under: 技術メモ — タグ: — dev0000 @ 1:33:55

「よくあるよくある」というか、なんとなくどっかで見かけたような「お行儀のよいDB設計」というのがあって、それについてのメモ。
ちなみに想定しているのはmysql。

会員の名前や住所、職業、電話番号もフィールドの長さを個別設定

varchar(100)とかちゃんと適切な長さを設定してたり。
お行儀がいいと言えばいいのだけど、
そういった長さで悩む時間が勿体ないので、僕はtext型にしてしまうことが多い。
別に検索対象となるわけでなし、リアルタイムでサマリをかけることも殆どないし。
レコード数が膨大になればこれは真面目にやらんといかんのかな。
ってか、個人的な業務の範囲内だと、
一昔前のサーバークライアントシステムっぽいのならともかく、レコード数の数がサーバ容量を逼迫する状況って、アクセスレコードぐらいしかないかも。

主キーとは別に外部キーとなるコードがある

シーケンシャルなIDはあるのだけど、それとは別のコード体系があるとか。
そもそもこのDBとは別のところによりマスタなDBが存在して、そことの整合性を保つ為にあるんだろうな、と想像することにする。
・・・それも考えにくいか。
論理削除を採用した場合、シーケンシャルなIDをそのまま採用できない、とか?
でも自分自身、論理削除ってあまり使わないので、これは憶測。

主キーの名称が「テーブル名 + ID」になっている

たまに見かける。
RailsとかCakePHPとか昨今のフレームワークだと標準で「ID」決め打ちだったような。

僕自身は「アプリケーション側にリスクをもたせる」発想みたいなので、DBに対する考え方はなんかゴワゴワに。
でも怒られそうだな。

ただ「お行儀のよいDB設計」って本当によく見かけるというか、
どっかのベンダーが当初作った物を皆が参考にしてしまった(或いは仕様として渡されたから)こういう似たような形式になっているとか。
UTとかPTとかテストフェーズの呼称は系列ごとに方言化している、という話を聞いたことあるんだけど、それに似たような状況なのかな。

「お行儀がよい」というのは「品質が高い」ということかもしれんが、
それはそれだけでコストに跳ね返ってくるもの。
設計段階で過剰品質を発生させてしまうと、コーディング時には数倍〜数十倍の余計な手間隙を生んでしまうものだし、
だから設計を行う人が凝り始めるとそれはそれでよくないかな、と。

まぁでもテーブル設計のシートに「データ型」「データ長」ってカラムがあったら、
どちらも適切な値を埋めたくなるよね。

Powered by WordPress