眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/5/18 月曜日

「バクチと自治体」読了とか

Filed under: 書籍 — タグ: — dev0000 @ 23:57:39

公営ギャンブルってよく知らなかったので面白かった。

著者の語り口が生理的にあったのかな。
淡々と史実を積み重ねて行くその文章には好感が持てる。

かつての公営ギャンブルってのは娯楽の王様だったのね。
今の存在感の薄さというのは隔世の感があるのかもね。
役目を終え、いまや赤字事業となった多くの公営ギャンブルは自治体のお荷物でしかなく、後に待ち受けるのは滅びの運命。
まさしくここで繰り広げられているのは撤退戦なわけだ。

昭和の戦後史を知るにはいいかもね。
ってか、不正騒ぎの暴動とかあったんだ、しらなんだ。

遺伝アルゴリズムとか

Filed under: 技術メモ — タグ: , — dev0000 @ 1:56:18

フォント同士を交配させて新しいフォントを作る「genoTyp」が面白い
これ面白いなぁ。

『集合知プログラミング』を読んだのを思い出したので、そこの「遺伝アルゴリズム」を参考にして、それっぽいのを習作としてやってみた。

ルールは、
・まず最初にランダムな5個の数字 x 100組を生成する。
・5個の数字の積が1000になれば進化終了。1000に近いものを優先的に残す。
・100組のうち、結果がよい(積が1000に近いもの)50組を残す。
・突然変異(8割の確率)、交配(2割の確率)で新たに50組を生成する。
という感じ。

ってかなんだろね、このロジックを試してみるには、積が1000に近いとかって不適当かもしれんね。
数の並びとかあんま関係ないし。

[php]

趣味の情報発信とか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 0:38:23

40代、50代の人たちはなぜ表現しないのか

そこまで、ヒマじゃないから、とか。

不特定多数の人間に対して情報発信するのって、趣味の領域なんだろうね。
或いはビジネスツールとして使っている人々もいるわけだが、多くの人はそこまで自己表現を求められるような職環境にいるわけじゃなし。

ルーチンワークとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 0:29:04

ベンチャーで働くこと

残業代で稼ぎたいなら上場大手にいればいい。また労働組合員になればいい。好きでベンチャーに来たのなら、残業代がでない。休日出勤がある。それくらいのリスクは覚悟すべきだと思う。会社の成功が自分の成功だと思えないなら、今すぐベンチャーやめて、大手企業の人事部に採用面接の電話をかければいい。

ベンチャーだろうがなんだろうが、残業代を請求できる理があるのであれば、請求しておけば?とか思うのだけど。
ってか、大手だから生活残業OKなのか?そうかな?

事業の未来を信じて、自分の時間を投資する、ってのは自己肯定の割り切りであって、
そういう開き直りがないとやってられねーってのも事実ではあるだろう。

「早く帰る」って別に会社規模に関わらず重要ではあるわな。

覚悟は必要なのか?
大体、ベンチャーに勤めなくては達成できないことってあるのかね。
「オレがもっと豊かな生活をしたいから、会社には成長してもらわないと困る」というエゴが必要なのって、企業規模の大小にあまり関係ない気がするんだけど。

どうでもいい話。
会社ってまだ軌道に乗れてない頃のドタバタ感はまたそれはそれで楽しいのだけど、
「売上もある程度たてて順調にいきはじめた状態」ってのは、
「質が量に転化する」といいますか、売上の大部分をルーチンワークに依存するようになってきた状況のことかな、とは思う。
例えば、あるものが商品として市場に受け入れられるまではドタバタするけど、一旦利益を確定できるようになれば、今までやってきた手法を広げるだけの話だから、それ自体は「質」というよりは「量」の問題だし、つまりはルーチンワーク的なことじゃないかな、とは思う。
だから、「会社がうまくいっている」ってのは「会社がつまらなくなった」と結構似ているのかもね。
まぁどんな企業であれ、ルーチンワークだけで安穏としていられるわけでもないが。

Powered by WordPress