眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/5/20 水曜日

使いやすいフォームとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 2:03:19

おっと、フォームを使いやすくするのは「金」じゃないぜ。

まぁ言わんとしてることはよく理解できる・・・、
「普通にフォーム作ってるのであれば気付くだろうに、それぐらいのこと対応しろよ!」ってことなんだけど、
設計と実装が分離されていて、下請けの下請けとか入ってしまうともうダメかな、という気もしたりする。
実装者からしてみれば、山の向こうのクライアントはよく分からないので、目の前の仕様書が憲法みたいになっているとかね。
「仕様書通りに作ることが至上命題」なわけで、フォームを使いやすくするインセンティブが実装者自身にあまりないような。
仕様書に「ボタンを押したらブラウザがダウンします」とかちょっと頭おかしいんじゃないの?って仕様があっても、それ通りに作るのが正しいとされているし、わざわざ突っ込む手間も惜しんでいるというか。
後からクレームがきたら、「仕様書通りに作ったのでこれは不具合ではありません。修正の場合、機能追加になるので別途費用を請求します」とか、そういう話ってザラにあるような気もしたりします。

発注者がテストフェーズとかで気付いて、「これ使い難いじゃん!直せよ!」ってなればいいのだけど、手戻りできませんとか納期に間に合いませんとか断られたりね。
ってかさ、こういう細かい「使い勝手」になると、クライアントにとってシステム開発が不慣れであれば、要件定義で気付くのは殆ど不可能だろうな。

ってかさ、テストフェーズで気になって、「これ直してよ」って言われて対応できればそれでいいんだよね。
ちょっとやばめな修正は別途話をするとしても、Webって技術的にはフットワークの軽い対応が可能なわけで、もしそうできない何かがあるとすれば、その開発プロセスがやっぱりおかしいってことなんだろうな、とは思う。

「プアなイノベーションより優れたイミテーション」とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 0:56:42

東レの元取締役の佐々木常夫氏の話は前も書いたのだけど、

長時間労働よくないねとか

その人が今、東洋経済に「ワークライフバランスを実現する仕事術」という連載を持ってたりする。

で、ふーんと思ったことを一部、引用。

自分の出す知恵などたかが知れている。それよりも先輩の優れた作品をよく読み、あるいはそのことをよく知っている人に聞き、その優れた部分を学んで応用すればよいのだ。
このことを私は「プアなイノベーションより優れたイミテーション」と言っている。プアなイノベーションのために多くの手間と時間をかけるのは誤りだ。むしろ優れたイミテーションを積み重ねた先に、優れたイノベーションが生まれてくるのだ。
「凡を極めて非凡に至る」ことこそ仕事の奥義である。

そういえばイノベーションって最近あまり聞かないね。
気のせいかな。

Powered by WordPress