眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/7/25 土曜日

非デザイナがデザインの突っ込みを受けるとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 14:02:21

いやいーなーこれ。こういうの。

10人のデザイナさんに駄目出しして頂きました
デザイナさんにメイドめーるのデザインを駄目出ししていただいた

最初っから突っ込みをアテにするだけでサービスを開始するのは人として間違っているのだろうけど、
ひとつの手段としてはいいのかも。

個人的にはそれっぽいサービスを作るも、
「オレだめだデザインのセンスねー」
でがっかりしてしまい、そのまま放棄してしまうことも多々あるので、
こういう手段があるともう少し前向きに頑張れるのかなぁ。

Webサービスの参入障壁とか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 12:31:43

コンシューマー向けとか
で書こうと思っていたけど、忘れていたので追記っぽいこと。

Webサービスって必要資金がそれほどかからないから、
「参入障壁が低い」ように思われがちだし、
「数をこなせば当たるかも」的な幻想を抱きがちだけど、
実際には「センス」という参入障壁があるよね、とか。
運がよかった悪かったというより「だめな物はだめ」というのが真実だろうが、
その部分にどれだけ気がつけるのか。

ところで、

手の届かないところをかいてあげるようなサービスに–元ミクシィCTOバタラ氏の新会社が本格始動:ニュース – CNET Japan

著名なエンジニアが優れたサービスを作れるか?というのは疑問。
あと、優秀なエンジニアを集めても仕方がないんじゃないの、とか、
第一弾が写真共有サイトなんてまたえらい分野に突っ込みましたね、とか。
「シーズはあってもニーズはない」パターンに陥らないかな、
プレスしか見てないから分からないけどどなんだろ。

もうPCサイトってのは結構飽和状態で、新しい驚きが出てくる機会も一時期に比べると相当減ってはいる気がする。
他デバイスに広がるサービスってなると「お」って思うし、
iPhoneやAndroidにも一応触れてはいるのだが、
そこにどこまで突っ込めるのかしらね、とか。

放置とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 2:36:05

荒れ地に大根を植えて、
それを放置しておいたにも関わらず、
実際に食べてみて味が悪いのを、
「ウチの大根の味が悪いのは品種のせい」
みたいなことを平気で言う会社ってもしかして多いのかな。

「もっと頑張れ」的なことはあまり聞きたくなくて、
「いやもう頑張ってるはずだし、頑張ってこれだから、その先を考えないと」
みたいな話にしないといけないかな、とか。

自主性を養うのは非常に困難で、
自分を振り返ってみても、
「やってて面白いと思うからやっているだけ」
「うまくいくと褒められて嬉しいからやっているだけ」
という単純なものしか思いつかない。

どうすれば面白くなるのか?
ある程度の理解が必要になるのだけど、その理解させる為にはちょっと根気よく・・・といってもモノによってはたったの2、3ヶ月程度だけど・・・やるしかないんじゃないかな、とか。

コンシューマー向けとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 2:23:17

ぐだぐだ。

mixiでもはてなでもいいのだけど、
コンシューマー向けサービスのヒットを考える場合、
「たまたま当たった」と見なすのは逃避でしかないのではないか、とか。
「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」は確かにそうだと思うけど、
的に当てる意思がなければ、数打っても当たらないよ、といいますか。
・・・なんだけど、「たまたま当たった」としか評価しない人が結構多い気がするし。

それから、

説得力抜群で顧客満足度100%の名Webコンサルタントがコンシューマー向けの素晴らしいサービスを作れるか?と言えば、全くもってNOだろう。
どんなに説得する話術が優れていたとしても、ユーザ一人一人を説得する訳にはいかない。
話術ではなくサービスそのもので語らなくてはならないから。

話し方が素晴らしいのか、話している内容が素晴らしいのか。
混同しやすいのは仕方がないにしろ、
おそらくサービスをヒットさせることに長けている人々は、
ユーザ視点がしっかりしているといいますか。

なんでこんなこと書いてるかというと、
評判のよいWeb制作会社って結局クライアント視点に優れているというだけの話が多く、
彼らがコンシューマー向けに優れたサービスを作れるか否かは別であり、
でもごっちゃに考えられていることが多いなぁと思ったから。

Powered by WordPress