眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2012/11/18 日曜日

マイナス効果を与えるとか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 1:00:43

「これから始まるプロジェクトが今後ものすごく忙しくなるようなら辞めます」(これから始まることだから忙しくならない計画を立てればいい)とか、「自分は○○しかやりません」(○○だけして下さいという業務命令を誰も出してない)とか言う人がたまーにいたりして、愚痴なんだろうなぁというか、「会社としてもそこまでいて欲しいわけじゃないし、だったらとっとと辞めればいいじゃん」といつも思うんだけど、どうなんだろうね。

知り合いの会社で雇った派遣で「ここの給与は安過ぎる。他のところに行ったらもっと貰えるよ」みたいなことを新人さんに吹聴していた人がいて、本当に安いのかどうかは?だけど、「会社にマイナスの効果をもたらす」ってことで、さすがにその人の契約は延長しなかったらしい。

つーか、黙ってればいーのに。

ちょっとぐらい何かに秀でてたとしても、会社にマイナス効果を与える社員は雇う必要性がないといいますか、まぁ普通は遅かれ早かれ辞めて行くんだけど。
相性が合わない付き合いなら、さっさと解消したほうがお互いの幸せの為な気がするんですが。

経営者マインドとか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 0:31:26

「従業員も経営者マインドを持つのが当然」と考える社長に未来はないと思う:酒井一樹の【就職サイトに書けない話】:ITmedia オルタナティブ・ブログ
社員に必要な経営者感覚とは

経営者マインドに「一致する」と「理解する」は結構違っていて、理解することは重要だけど、一致させる必要はないんだよね。
会社からの評価を望むのであれば、という但し書きがつくけど。

人材派遣の仕組みが整ってきたというのが大きいとは思うのですが、「経営者マインドを理解できない人間をわざわざ正社員雇用する必要性がない」というところもあるのではないでしょうか。
まぁ「人材派遣より安く上がる」という理由で正社員雇用にこだわる企業もあると思うけど、それはそれでどんだけ社員の給与安いというか、何かが間違っている気がする。

というか、やはり一緒に働くのであれば同僚には「経営者マインドは理解してほしい」というのが正直なところ。
「やるべきこと」「やる必要のないこと」を個々人がそれになりに自覚して・・・、というか方向性が似ていれば、仕事ってチームとして動くってのもあって、周りの人間もラクですよ。

要は「仕事は努力ではなく成果が重要。成果を出さなければお金はもらえないよ」
という主張だと思うですが、これは経営者の考え方です。

雇用するからには「会社の売上がなくても人件費だけが出て行く状態」が当然リスクとしてはあって、そのリスクを覚悟できなければ、人なんか雇わないほうがいいとは思うのですがね。
売上がないときにお金を払いたくないなら、歩合制とかにしてしまえばいいのに。

Powered by WordPress