眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2006/4/5 水曜日

うーんもっさりしている

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 1:29:48

SdProjectなのですが、
無茶なJavaScript組んでいる為かなんだかもっさりしている。重い。

「out of memory」ってエラーがすぐに出るし、JavaScriptの組み方もうちょっと考えないとダメかなぁ。。。

2006/4/4 火曜日

SdProject進捗

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 19:08:48

ちょっと直した。

  • JSONEncoderを使わせてもらってみた。
  • 週の移動はAjax使ってバックエンドで行うことにした。

本格的に使えるのはまだまだかな。

2006/3/31 金曜日

SdProject

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 17:21:21

MSのプロジェクト管理ツールが欲しいのだけども、ちょっとなんだよこれは!っていう価格なので、自分でぼちぼちと作っています。

でも、行き詰っちゃったなぁ、なんか。
日付の移動をもっとスムーズに行えるようなUIにしたいのだけども、なんかいいUIないかな。

とりあえず、DEMO
(っていうかここで作っています)
ちなみに test@example.com/test でログイン可です。

2005/12/6 火曜日

HEFTYMOON.JP

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 2:22:32

HEFTYMOON.JPというASPをぼちぼち作ってます。
(このBLOGの左下にでているやつ)
思いつきをためておくだけのASPですが、PHPOpenIDを利用して、OpenID対応にしてます・・・っていうか、OpenIDでしか認証できないし。
実際にソースを見てもらえれば分かると思いますが、PHPOpenIDのsimple.phpをちょろっと変更しているだけです。
・・・まぁ実験的なツールだからこれでいいのかな、と。
機会を見つけてもう少し作りこむ予定。

で、この手のデータ管理ツールって「タギング」(項目同士の)「リンケージ」が出来て、あと「カラムチューニング」(カラム設定)が簡単に出来れば、いよいよ「マイGoogleBase」的な展開になると思うのだけども。
あと「マイGoogleBase」を作ってもデータが孤独化してしまうのは明らかなので、それをどうやって他と結びつけるかかな。。。

2005/11/11 金曜日

PHP-OpenIDのさんぷる

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 12:52:54

http://videntity.org/openid/ で 配布されているPHPOpenIDのサンプルがさくらインターネットでようやく動くようになりました。
http://sdcareermanager.sourceforge.jp/index.php?OpenID

SdCareerManagerにとりこめたらいいのだけども。

2005/11/5 土曜日

キャリア管理+P2P的ミニSNS+オープンソース+タグ

Filed under: 私的試み — dev0000 @ 6:09:47

キャリア管理+P2P的ミニSNS+オープンソース+タグってことで、
SdCareerManagerってものを考えていたりします。

まだまだ全然できていないけど、とりあえずデザインがへっぽこだなぁ。
PeggyPadとFirefoxのWebDeveloperのCSS編集機能でガリガリ作っているからかな。
ユーザエクスペリエンス重要!とは日々思うのだが、やっぱりデザインは誰かに頼もうかなぁ。。。
あと、Smarty、QuickForm、DB_DataObjects、HTTP_Requestととか諸々使ってしまっているのでインストールがめんどそうなことになるのかも。

もうちょっと詳しく書くと、

  • キャリア管理・・・、クローズドなコミュニティに対して自分のキャリアを登録し、公開することが可能。
  • P2P的SNS・・・、一つのSNSは極々小さなコミュニティ(5、6名ぐらい)で使用することを想定する。小コミュニティ同士がRSSプロトコルで連携・・・、というか、ユーザがログインするように、他のSNSもそのSNSのユーザとなることにより、内部の情報へアクセスすることが可能になる。(情報の制限を予定しているが)友達の友達サイトまで情報を公開することが可能。
  • オープンソース・・・こういうのは商用パッケージにしても意味がない。
  • タグ・・・キャリアの属性に役割(デザイナー、PM、PGとか)や技術(FlashとかJava)をタグとして付加させる。タグはキャリアと紐付いているので、「Javaを何年ぐらいやっている」「Flashをどれくらいやっているか」とかが分かる。

当たり前の話が幾つかあって、求職でも人材募集でもいいのだが、結局人は「知り合いの紹介」を一番重要視する。
また、個々人のつながりよりはグループ同士のつながりを重視したほうが「仕事を頼む上では」うまくいくような気がする。
本当に「一人で」仕事をこなしているフリーランサーは実はあまりいなくて、緩やかなコミュニティ内のつながりで仕事をしているのではないか?ならば、そのコミュティ同士をツールでつなげることを考えれば?

オンラインサービスとして公開・・・ということもあるのだろうけど、単に社内で業務の必要性からスキル管理用に使いたい人達もいるとすれば、ソースを配布してしまったほうがいいだろう。

といいいますか、Affelioのプラグインとして作ってしまう方がいいかしら。。。

« Newer Posts

Powered by WordPress