眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2012/11/30 金曜日

残業とか解雇とか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 0:40:36

もしもこの世から「残業」が完全になくなったら

3年ぐらい前に読んだ本を思い出した。

「新しい労働社会」とか

1980−90年代の話ですが、残業について、

「時間外・休日労働の弾力的運用が我が国の労使慣行の下で雇用維持の機能をはたしている」(1985年労働基準法研究会報告)とか、「我が国の労働慣行の実情に合うような上限設定が可能かどうか定かでない」(1992年同報告)と、雇用維持の為のコストとして恒常的な長時間労働を是認する考え方が主流でした。

需要の低下に応じて、生産水準を下げなくてはならなくなっても、バッファがあるから解雇せずに大丈夫でしょ、という。。。

まぁ、

ところが、その後、労働法政策が内部労働市場の雇用維持から外部労働市場における移動促進に徐々にシフトしていったにもかかわらず、この長時間労働哲学には疑問が呈されないまま21世紀に至っているのです。

と著者は問題視しているわけだけど。

話変わって、最近友人に聞いたんだが、
人員削除の為、希望退職を募り始めると、条件のいい転職先があるような人・・・比較的優秀な人から手を上げ始めるそうな。
辞めて欲しくない人が辞めた為に、そこの部署にまた人を入れるといった、本末転倒な事象も置きているらしい。
当り前といえば当り前か。
でも「比較的優秀じゃない人間」が残り続けるとしたら、企業としてはジリ貧ですな。

そういえばウチの会社でも以前死ぬ程長時間労働している部署があったなぁ。
しかも儲かってない。一人当たりの売上も悪かったし。
「利益」を見せられないから、「やる気」を見せるしかない、長時間働くしかない・・・、という悪い流れがずってあって。
儲かってないから止めちまえよ、と傍から見てて思っていたけど。
結局、何人かチームから抜けて、「儲からない仕事」から手を引いて、それで長時間労働が落ち着いた。
でもチームとしての「利益」はあまり変わってない。
そもそも人が余っていたのかな、と。
幾ら社内に人が余っていたとしても無理矢理仕事を当てたとしても、それが「将来性もない」「利益もない」ものであれば、
長く続かないよね・・・と思いましたとさ。

2012/11/18 日曜日

マイナス効果を与えるとか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 1:00:43

「これから始まるプロジェクトが今後ものすごく忙しくなるようなら辞めます」(これから始まることだから忙しくならない計画を立てればいい)とか、「自分は○○しかやりません」(○○だけして下さいという業務命令を誰も出してない)とか言う人がたまーにいたりして、愚痴なんだろうなぁというか、「会社としてもそこまでいて欲しいわけじゃないし、だったらとっとと辞めればいいじゃん」といつも思うんだけど、どうなんだろうね。

知り合いの会社で雇った派遣で「ここの給与は安過ぎる。他のところに行ったらもっと貰えるよ」みたいなことを新人さんに吹聴していた人がいて、本当に安いのかどうかは?だけど、「会社にマイナスの効果をもたらす」ってことで、さすがにその人の契約は延長しなかったらしい。

つーか、黙ってればいーのに。

ちょっとぐらい何かに秀でてたとしても、会社にマイナス効果を与える社員は雇う必要性がないといいますか、まぁ普通は遅かれ早かれ辞めて行くんだけど。
相性が合わない付き合いなら、さっさと解消したほうがお互いの幸せの為な気がするんですが。

経営者マインドとか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 0:31:26

「従業員も経営者マインドを持つのが当然」と考える社長に未来はないと思う:酒井一樹の【就職サイトに書けない話】:ITmedia オルタナティブ・ブログ
社員に必要な経営者感覚とは

経営者マインドに「一致する」と「理解する」は結構違っていて、理解することは重要だけど、一致させる必要はないんだよね。
会社からの評価を望むのであれば、という但し書きがつくけど。

人材派遣の仕組みが整ってきたというのが大きいとは思うのですが、「経営者マインドを理解できない人間をわざわざ正社員雇用する必要性がない」というところもあるのではないでしょうか。
まぁ「人材派遣より安く上がる」という理由で正社員雇用にこだわる企業もあると思うけど、それはそれでどんだけ社員の給与安いというか、何かが間違っている気がする。

というか、やはり一緒に働くのであれば同僚には「経営者マインドは理解してほしい」というのが正直なところ。
「やるべきこと」「やる必要のないこと」を個々人がそれになりに自覚して・・・、というか方向性が似ていれば、仕事ってチームとして動くってのもあって、周りの人間もラクですよ。

要は「仕事は努力ではなく成果が重要。成果を出さなければお金はもらえないよ」
という主張だと思うですが、これは経営者の考え方です。

雇用するからには「会社の売上がなくても人件費だけが出て行く状態」が当然リスクとしてはあって、そのリスクを覚悟できなければ、人なんか雇わないほうがいいとは思うのですがね。
売上がないときにお金を払いたくないなら、歩合制とかにしてしまえばいいのに。

2010/3/6 土曜日

退職者と元の会社の関係とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 20:43:39

退職者と元の会社の関係って以下に大別されるのだけど、

1. 退職した後もその会社と良好な関係を続ける。
2. 退職した後はその会社と距離ができてしまう。

退職者自身の性格もあるけど、
企業によって大体の傾向が出るということは、
その企業の性格の影響が大きいのだろうな、とか。

個人的な印象だと、
大手企業は1が多くて、そうでないのは2が多い気がする。
いや、これはやっぱり「個人的な印象」なのかな。

ただ、損得で考えると、1のほうがいいはずなんだよな、やっぱり。

2010/2/13 土曜日

3年で甲子園に行けるのかとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 14:21:31

新しい事業を立ち上げるのってどういうことかぼうっと考えていて、
弱小の高校野球部が3年で甲子園を目指すこととどっちが難しいのか?ってのをなんとなく考えていた。

半年とか一年で事業をあきらめてしまう人も割と多い訳だけど、
高校野球とかで考えるとそれって結構早いと思うし、
ただ経営ってお金という枠があるから、高校野球と同じに考えても仕方ないのかな、とか思うし。

ビジネスでの成功って一側面しか華々しく語られないから、
「ワンアイディアで市場を作る」みたいな誤解も生じやすいと思うのだが、
部活動と同じで日々の鍛錬が大事だとかまぁそんなことを薄ぼんやり考えてみたとか。

2010/1/16 土曜日

ピーナッツ拾いとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 10:58:44

結局は自分の好きなことを貫き通したやつが負け

このタイトルはどうかと思うけど、
要は、
「より大きな目標の為には自分自身を変えられる潔さを持つべき」
ってことなんだろうね。
個人的には「大きな目標」というのが「好きなこと」だと思うのだけどさ。

「本当は何をすべきか分からなくなる」ってのは、お笑い以外の仕事でもよくある話で。

どうでもよい作業に追われて大事な業務がちっとも進まないとかよくあるけど、
場合によってはそれを好んで選んでるようにしか見えない人もいて、
なんか手を動かしていれば、「仕事をしているつもり」なんだろうけど。

そういう人って、
目の前にピーナッツをバラまいたら、一粒一粒、丸一日かけて拾っているんだろうなぁ、とか思う。
大事なことはちっとも進めない。それでいて忙しい忙しいと嘆いている。
「とりあえず汚いのは後回しにしつつ、より優先度の高いことを進める」
ってのができないというか。

2010/1/10 日曜日

忙しさの周期とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 10:30:15

年明けの仕事から一週間過ぎたわけだけど、
どうしてなかなか結構忙しかった気がする。

ってか、

1〜3月 多忙
4〜6月 ヒマ
7〜9月 多忙
10〜12月 ヒマ

なんかウチの会社ってこのサイクルの気がするんだよな。

2009/12/20 日曜日

批判を聞き入れまいが聞き入れようがどうでもよいとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:56:47

たまに書く。

批判って一意見でしょとか
にコメントもらったが、

< 問題点があると気付けただけでもヨシとして欲しいのだけどさ。

それで終わりなのはもったいないと思いますです。
批判のみで代替案とか解決策が示されないと、せっかくの批判も軽視されがちですね。

結局のところ、批判された側がそれを受け入れようが受け入れまいが、批判するほうからしてみたらどうでもよいとは思うのですよね。
例えば、「君のその服の靴とズボンの組み合わせはなんかいまいち」と言ったとして、
それを聞き入れてその日から服装に気を使うのも、我が道を行くのもその人の自由。
ってか、言った方からすれば、服装が洗練されようがされまいが、どうでもよいかと。

そもそも、問題点の発見と解決策が同時に思いつけばいいのだけど、そうじゃないことのほうが圧倒的に多い気がしますし。

まぁいいんだけど。

2009/11/28 土曜日

批判って一意見でしょとか

Filed under: 仕事 — dev0000 @ 21:18:05

久し振りなのにぐだぐだと。

「君のやりかたはまずい」とか、
まぁそういった批判って、批判する側に直接の利害がなければ、
批判される側はそれを一意見というかアドバイスというか、
聞き流すなり受け入れるなり今後の行為に向けた反省材料にするなり、
ただし批判者に対して「そんなことはない」みたいに反論することにあまりパワーを注ぐ必要はないかな、と思うのだよね。
その場の議論の勝ち負けを目的視するのはなんか間違っている気がするし。

ってか、自分自身批判っぽいタイプではあるけど、
「じゃあお前がやれ」みたいに言われても困るのだよね。
解決策についてはノーアイディアで問題点を言っているだけだから。
問題点があると気付けただけでもヨシとして欲しいのだけどさ。

2009/11/14 土曜日

腹を括れないとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 19:21:53

腹を括れない人って結構いる。

「やれ」と話が決まれば「やる」しかないと思うのだけど、
ぐずぐずと同じ言い訳を何度も持ってきて、手を抜くはどうかなと思ったり。
そういうのと一緒に働くとなんだかがっかりする。

って、久々に書くのがこんなことと言うのはどうなのだろうね。
ここしばらく相当バタバタだったというのもあるけど。

Older Posts »

Powered by WordPress