眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2010/3/6 土曜日

退職者と元の会社の関係とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 20:43:39

退職者と元の会社の関係って以下に大別されるのだけど、

1. 退職した後もその会社と良好な関係を続ける。
2. 退職した後はその会社と距離ができてしまう。

退職者自身の性格もあるけど、
企業によって大体の傾向が出るということは、
その企業の性格の影響が大きいのだろうな、とか。

個人的な印象だと、
大手企業は1が多くて、そうでないのは2が多い気がする。
いや、これはやっぱり「個人的な印象」なのかな。

ただ、損得で考えると、1のほうがいいはずなんだよな、やっぱり。

2010/2/13 土曜日

3年で甲子園に行けるのかとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 14:21:31

新しい事業を立ち上げるのってどういうことかぼうっと考えていて、
弱小の高校野球部が3年で甲子園を目指すこととどっちが難しいのか?ってのをなんとなく考えていた。

半年とか一年で事業をあきらめてしまう人も割と多い訳だけど、
高校野球とかで考えるとそれって結構早いと思うし、
ただ経営ってお金という枠があるから、高校野球と同じに考えても仕方ないのかな、とか思うし。

ビジネスでの成功って一側面しか華々しく語られないから、
「ワンアイディアで市場を作る」みたいな誤解も生じやすいと思うのだが、
部活動と同じで日々の鍛錬が大事だとかまぁそんなことを薄ぼんやり考えてみたとか。

2010/1/16 土曜日

ピーナッツ拾いとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 10:58:44

結局は自分の好きなことを貫き通したやつが負け

このタイトルはどうかと思うけど、
要は、
「より大きな目標の為には自分自身を変えられる潔さを持つべき」
ってことなんだろうね。
個人的には「大きな目標」というのが「好きなこと」だと思うのだけどさ。

「本当は何をすべきか分からなくなる」ってのは、お笑い以外の仕事でもよくある話で。

どうでもよい作業に追われて大事な業務がちっとも進まないとかよくあるけど、
場合によってはそれを好んで選んでるようにしか見えない人もいて、
なんか手を動かしていれば、「仕事をしているつもり」なんだろうけど。

そういう人って、
目の前にピーナッツをバラまいたら、一粒一粒、丸一日かけて拾っているんだろうなぁ、とか思う。
大事なことはちっとも進めない。それでいて忙しい忙しいと嘆いている。
「とりあえず汚いのは後回しにしつつ、より優先度の高いことを進める」
ってのができないというか。

2010/1/10 日曜日

忙しさの周期とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 10:30:15

年明けの仕事から一週間過ぎたわけだけど、
どうしてなかなか結構忙しかった気がする。

ってか、

1〜3月 多忙
4〜6月 ヒマ
7〜9月 多忙
10〜12月 ヒマ

なんかウチの会社ってこのサイクルの気がするんだよな。

2009/12/20 日曜日

批判を聞き入れまいが聞き入れようがどうでもよいとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:56:47

たまに書く。

批判って一意見でしょとか
にコメントもらったが、

< 問題点があると気付けただけでもヨシとして欲しいのだけどさ。

それで終わりなのはもったいないと思いますです。
批判のみで代替案とか解決策が示されないと、せっかくの批判も軽視されがちですね。

結局のところ、批判された側がそれを受け入れようが受け入れまいが、批判するほうからしてみたらどうでもよいとは思うのですよね。
例えば、「君のその服の靴とズボンの組み合わせはなんかいまいち」と言ったとして、
それを聞き入れてその日から服装に気を使うのも、我が道を行くのもその人の自由。
ってか、言った方からすれば、服装が洗練されようがされまいが、どうでもよいかと。

そもそも、問題点の発見と解決策が同時に思いつけばいいのだけど、そうじゃないことのほうが圧倒的に多い気がしますし。

まぁいいんだけど。

2009/11/14 土曜日

腹を括れないとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 19:21:53

腹を括れない人って結構いる。

「やれ」と話が決まれば「やる」しかないと思うのだけど、
ぐずぐずと同じ言い訳を何度も持ってきて、手を抜くはどうかなと思ったり。
そういうのと一緒に働くとなんだかがっかりする。

って、久々に書くのがこんなことと言うのはどうなのだろうね。
ここしばらく相当バタバタだったというのもあるけど。

2009/10/25 日曜日

納期のない仕事とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:59:53

だいぶ久し振り。

いわゆる納期とか締め切りのない仕事ってある。
社内業務とか自社企画とか。

そういう業務ってより緊急性の高い仕事に忙殺されてどうしても後回しになってしまうのだが、
だからといって「やらない」のもおかしな話で、重要だから進めなくてはいけないわけで、
「いつまでに仕上げる」という締め切り日をとりあえず設定することにしている。

逆に言えば、締め切り日が設定されないのであれば、「やる価値がない業務」だと思うし。

「いつまでにやる」というのをちゃんと言いたがらない人もいる。
あまりつついても仕方ないし、ちょっと我慢して、1週間毎にプロセスを観察してみるのだけど、何一つ進んでない。
「やらされている感」があるから手をつけないのか。
「やる価値がない」と考えるのなら、きちんとそう意思表示してくれたほうがよいとは思うのだけど。
「やります」と口では受けているが、それがプロセスに出てないから尚のことタチが悪い。

どうしたもんか。

2009/9/13 日曜日

イノベーションに必要なものとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 19:07:00

最近、だいぶ忙しい。

イノベーションにマーケティングと上司は必要なのか。

イノベーションに必要なのは「根気」かな、と思うけど。

ちょっとうまくいかないと半年とか一年ぐらいですぐに止めてしまうんだよね大勢の人は。
なんか、「日本には優秀なIT経営者がいない」みたいな話題があったけど、
「根気さを持ったIT経営者」が少ないんじゃないのかな、とは思う。
ロングスパンというのはそういうことなのかな。

情熱がなくなったものをやり続けるのは確かに難しい。
質がどんどん落ちていくしね。
逆にあまり情熱をそそげなさそうであれば、最初っからほどほどにしておいたほうがいいかも。

2009/9/6 日曜日

問題解決とか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 22:12:29

要領よく問題解決をするための方法論

このスキームってある種のひっかけ問題なのかね。
個人的にはひっかけ問題って何も生み出さないから好きじゃないんだけどね。

なんつーかさ、
10人に聞いて10人が期待した反応をしてこないとしたら、
それは「出し方がまずい」ってことにならんかな。

ってかさ、最近思うのは、
「ある種の思考フレームを各々の社員がどう理解するか」
ではなくて、
「ある種の思考フレームを各々の社員にどう浸透させるか」
ってことだなぁ、と。
「効果的な思考フレーム」についての教科書的な本は結構出ているので、そういうのを読んでみればいいと思うのだけど、
どうやればそれを組織内で当たり前にできるか?ってことだったり。

あと「解決」って言葉がなかなか難しくて、
外部の取引先に対しては、ポンと解決策を出し、問題に対してはそこで切ってしまう行為が可能だけど、
社内的課題とかであれば、継続しつつ微調整していくしかないのだけど、意外とそれが認識されてないケースが多い。
上長は解決したつもりでも、現場からすれば、まるで解決されてないとか。

2009/9/1 火曜日

特殊性に逃げてはいけないとか

Filed under: 仕事 — タグ: — dev0000 @ 1:00:36

東洋経済の北川達夫の「『対話力』入門」だけど、
「特殊性に逃げてはいけない」というのが今回のテーマだった。

対話とは「相手のことはわからない」ということが前提のコミュニケーションである。わからないのだから、わかりあおうと思ったら話すしかないのである。だが、面白いことに、コミュニケーションにおいて「わからない」ことを逆手にとる人たちがいる。自分の特殊性を主張して、それが相手には「わからない」ことを強調するのだ。そうして相手よりも優位に立とうとしたり、あるいは自分の立場を正当化しようとしたりするのである。

でもって、

・「日本語は特殊だから・・・」という日本語特殊論
・「自分には経験があるからわかるが経験のないあなたにはわからない」と「自分の経験」を特殊性として主張する人

に対して、チクリと批判していたりする。

Web上でも「○○な人にしか実感として理解されない」みたいな言い方が多かったりするので、
そういう決め付けへのアンチテーゼとしていいかもね。

Older Posts »

Powered by WordPress