眠る開発屋blog ある開発屋の雑感。日々勉強。

2009/3/2 月曜日

タグのidとか

Filed under: 技術メモ — タグ: , — dev0000 @ 2:32:03

なんか前も書いたかもしれんが。

HTMLのタグにはid属性だったりclass属性だったりが設定できて、CSSの指定でもそれらを使えるわけだが、同一ページ内でidが重複しているのはどうもね。

ってか、これって結構多い気がする。
idを重複しないように適切に使っている方がむしろ少ないぐらい。
重複箇所をエンジニアのほうで修正すればいいのかな。
でもそれの手間隙ってどうなのよ。

思うのだが、CSSで使うだけであれば、idの使用を禁止して、classオンリーで記述するように縛りをつけてもいいんじゃないか。
HTML+CSSが書けなくなることもない筈だし、idの重複を気にしなくても済む分、そっちのほうがいい気がする。

画像とか

Filed under: 技術メモ — タグ: , — dev0000 @ 2:23:48

Webページ制作とかで、
テキストとスタイルシートで表現しても問題ないような箇所を画像にしちゃう風潮はどうにかならんかな。
画像は確かにブラウザごとの見え方の違いを吸収しやすいから便利なのだろうけど、
文言の修正にすごく弱いのだよね。
いちいち画像修正するのめんどうだとか、外注のデザイナーへの差し戻しになれば、更に時間がかかって仕方ないとか。

2009/1/17 土曜日

GoogleAnalyticsをケータイに対応とか

Filed under: 技術メモ — タグ: , , — dev0000 @ 12:39:47

この手のネタはちょくちょく出てくるけど、
GoogleAnalyticsをケータイに対応させる為のライブラリが公開されている。

ケータイサイトでGoogle Analyticsを利用するためのライブラリ
EOS Project GA4K

ただ、

こちらのPHPで作られたライブラリ「SELENE.GA4K」では、PHP経由でGoogleが提供しているAPIを利用し、ケータイサイトでもGoogle Analyticsでのアクセス解析ができるとのことです。

APIって、
http://www.google-analytics.com/__utm.gif?utmwv=~
は果たしてAPIと呼ぶべきなのか、というか。

ところで、onclick とかのブラウザ上のイベントだったり、Flashだったりをロギング(Tracking)する方法は一応公開されているね。

Google Analytics Event Tracking Overview
Google Analytics Tracking for Adobe Flash

あとおまけ。
GIF Request Parameters

MovableType採用とか

Filed under: IT世間話 — タグ: , — dev0000 @ 1:13:15

どうでもよい話。

「ブログのアプリケーションでMovableTypeを使う」とか提案されても、
PHPのほうが得意だから、WordPressのほうがありがたいし、
そもそも、今更MTかよ?ってのが正直なところ。
2、3年前であれば、まだ分からなかったかもしれんけどね。

まぁ最終的にはWordPressに落ち着くんだろうな。
デザイナーの慣れの問題は大きいかもしれんが、ホントのところ、MTである必要性はないだろうし。

2009/1/11 日曜日

個人ブログでAdSenseとか

Filed under: IT世間話 — タグ: , — dev0000 @ 19:35:07

個人ブログでAdSenseに出したことが話題になっているけど。

AmachangのAdWordsについて
個人blogをAdsenseに出稿する行為から見えた広告=悪な感覚

無料ネットゲームでアイテム課金しているユーザーを見ている気分かな。
おんなじ土俵の上で戦っていているのに、課金しているのは卑怯じゃない。

僕自身のイメージとしては、
会社の同僚同士でダーツをやろうということになって、殆どの人は店のダーツでやっているんだけど、
一人だけ気合い入れてマイダーツを持ってきたとかそういうイメージ。

お金をかけるってことは、それだけ本気でやってるんだね、と思う。

広告を出すってことは、このブログは営利でやろうとしているんだなと、広告費以上の利益がブログから出ているんだなと、つい思ってしまう。

物販とか有料サイトであれば話は別だけど、ブログそのものから出稿料金を回収できるほどの利益がとれているとは思えない。
先行投資に近いんじゃないのかな。

あまり関係ないかもしれないが、
Web業界に身を置くものとしてポジショントークさせてもらうと、
お金を絡ませることに抵抗感のない人がネットに増えてくれた方がそこでビジネスを続ける可能性を見い出せる。
可能性が大きくなれば、それだけ様々なサービスを継続させることができるようになるから。
利益を生み出さない仕組みというのは余裕がある間はいいのだけど、一旦逆境に陥ると、ものすごくあっけなく終了してしまう。
誰かの役に立っているサービスがなくなるのは悲劇であるし、そういった悲劇が少しでも減ればいいとは思う。

2008/12/25 木曜日

脱IT系とか

Filed under: IT世間話 — タグ: , — dev0000 @ 1:33:11

近藤社長「未熟だったと思う」 はてなが目指す“脱IT系”

“脱IT系”にはそれなりの悩みがあって、
やっぱりIT系に比較すると、ネットへの広告出稿があまり積極的ではない、と聞いたことがある。
だからターゲットの変更にうまくいったらうまくいったで、広告営業大変そう。

ともかく、
創業者の当初の意図と成功した結果モデルが往々にしてズレているというのはよくある話だと思うのだけど、うまくいっている企業というのは意図しなかった結果モデルを新しい足場にして考えて、時代に自分を適応させていると思うし、過去の思いにあまり拘り過ぎるのも如何なものかしら、とか。

脱IT系って競合すごく多そうだよね。
それこそレッドオーシャン。
なんかもっとうまい道ありそうな気がするけど。

ってか、ITmediaのシリーズ「はてな」っていつまで続くんだろう。
コラボ広告(記事を載せれば、ブクマされ、アクセスが増える)みたいなものなのかね。

2008/11/30 日曜日

インターフェイスとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 1:27:23

ニコニコ動画の字幕のインターフェイスは結構秀逸だと思うのだけど、
ああいったUIのみ提供するサービスとかってあってもいいのかな、とか思った。
twitterのログとかで似たようなことやっているサービスあるのかね、もしかすると。

2008/11/22 土曜日

アフィリエイトと嫌儲とか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 13:45:42

まぁ課金手段にもよるのですが、

ネットで発言するユーザーの意見はどこまで尊重可能か

例えば、これは近々、単独エントリーで書こうと思っているネタだが、ケチで賢いネットユーザーには、アフィリエイトのクッキーをわざわざ消したり、アフィリエイトのリンクを踏まないようにしている人がいると聞く。そいう話は、何故か興味がなくても目に入ってくる。
(ホントは全然賢い行為ではない。「お前だけは儲けさせたくない」的な、アフィリエイトの意味を全くわかっていない無意味な行為である。)

クリック課金とかの場合、広告主からしてみれば、サービスや商品を購入する見込みがゼロの顧客はむしろクリックしてもらわないほうがいいんじゃないかな。
だから、嫌儲な人々がアフィリエイトのセグメントやネットワークから逃れようとするのはむしろウェルカムというか。
興味のある人だけ来てもらえればいいだろうし。

週刊文春11/27 に「知っていると得するネットサイト」ってのがあったんだが、
一応業界人にも関わらず恥ずかしながら全然知らなかった。

・yoyaQ.com
・Skype
・ヤフー公官庁オークション
・イオンショップ
・トクー!
・アウトレットピーク
・Shufoo!くらしとちらし
・おけぴねっと
・北海道わけあり市場
・モラタメ

こういったリストを知っている人は知っているのだろうし、
そういうネットでお得な買い物をするセグメントと嫌儲なセグメントは少し違うのではないかとは思う。

そこからどうやって売り上げに結びつく声は聞くか?というと、参考になる部分と、無視して良い部分、ネットでは見えない部分について、しっかり空気を読んであげる必要はあると思う。しかも、ネットでは見えない部分は結構大きいと思った方がよい。

ネットでの発言というのもけっきょくOneOfThemでしかない。
アンケートの手段にもよるが、例えば、オープンで不特定多数にアンケートをとるのと、商品購入者に対しフォローアップのメールの中でアンケートをとるのでは、内容が全然違ってくる。
何をどれぐらい採用するか?というのはバランスなのだろうな。

2008/11/15 土曜日

ウェブカレとか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 2:21:37

ぶっちゃけウェブカレはよくしらないんだが。

やっぱりウェブカレ1000万は高すぎるじゃないかい?

クリック率0.01%だったとして…2400PV*X円
Xがアフェリエイトライクに30円なら72000円か。
500円で100万オーバー。
クリック率を0.1%ぐらいにまで高められればいけなくもないか。
200万は結構きつい目標だけど広告から200万稼げるとしよう。

どういう試算をするかによるけど、以下、オレオレ試算。

0.01%って、クリック率ってそんなに低く見積もるのかな。
ターゲット絞っているわけだし、AdWords でも 0.1 % ぐらいはいきそうなもんだけど。
クリック率 0.1%、クリック単価100円だとして、月2400万PVだと、240万円。
これが1ページに3枠あると、720万円。
で、7割売れるとしたら、大体 500万円ぐらいか。
7割はちょっと売れすぎな気かも。
ただ、感覚的にだけど、これ以上のパフォーマンスを出している企業は割とあると思う。
そもそも単純バナー広告だけではなくて、タイアップ企画系とかリーチ重視の広告商品とか開発していけば、
もう少しがっつりいけるんじゃないのかね、とか。

そもそも2人で開発できたとして何人で運用する体制なのだろうか?
逆にいうと開発が2人しかいないのに6万人も集めてどうするつもりだったんだろう?

運用フェーズであれば、開発は2人もいれば、とりあえず充分そうな気もするけどね。

で、気になるのがね、コミュニティの要素を割と排除しているところ。
ゲーム性があまりに強かったら、飽きられる要素も多い気がするのだけどね、なんとなくだけど。
3年ぐらいで時代を駆け抜ければいいのかな。

2008/11/8 土曜日

はてなブックマーク2とか

Filed under: IT世間話 — タグ: — dev0000 @ 1:44:47

はてなブックマーク

きれいになったね。
でも、ちょっと縦に長すぎやしないかな。

Older Posts »

Powered by WordPress